おしゃれぶるぶろぐ

その辺の大学生がちょくちょく更新中。好き勝手書いています。気分と風の流れによって内容が大きく変わるので別人のようになりますが私は私です。あとは遊び心のあるコメントを待っています。

夏=高校野球という黄色い声のする季節

最近地域のローカル放送がこぞって

各地の高校野球中継をしていますが

実を言いますと私もそんな夏を過ごした一人だという

カミングアウトから始めようと思います。

 

私の話をするわけではないのですが

最近いろいろと問題定義されていまして

夏場にあんなことやって死人がでたらどうするんだとか

(もう出ていますが)

こんな時だけ女の子がわーきゃー騒いで何様なんだとか

(これは正直どうでもいい)

 

特にあれなのが

数万人いるという球児の中でも甲子園に出場できて

そしてさらにレギュラーとして試合に出場できるのは

数百人という事実。

高校生相手にこんな数字だしたら

泡吹いて倒れるだろうし

高校野球ってそこそこのビジネスとして頑張っているから

 

苦しいことは続けることで意味がある

 

というこれもまた日本独自の呪文を唱えて

犠牲者が多数出ています。

 

 

自分の周りの話をしたら

高校以上のキャリアで野球をしているのは

ほんの数パーセント

大学進学を野球で決めた人は

8割野球を辞めてとんぼ返り

大体の人が人生ドロップアウト

もしくはその辺で何かしらの肉体労働を余儀なくされています。

 

 

わたしが何かできるわけでもなく

ただそんな結末を見てきました。

先輩も同期も後輩も。

高校野球を終えて

盛大にドロップアウトをしているんです。

 

 

 

・・・何が言いたいかと言いますと、

18過ぎた人間が過ごす世の中を

培ったと思われがちな

精神力」で生き抜くなんて妄想なんです。

坊主頭にして

炎天下の中

必死に白球を追いかけた時間だけ

先の人生で登れる階段を下っているんです。

 

もっともっと簡単に言えば

教養」が明らかに足らないんです。

基本指導者からの押し込み教育で脳みそが成り立つから

学ぶことを知らない。

世間も知らない

コミュニケーションスキルも

「支配する」か「支配される」のどちらかが前提なので

一般人と会話が成立しない

どことなく嫌悪感を抱かれる。

 

 

これが私の高校野球です

田舎だからなんですかね

本当に終わった後に残ったものって

ないんですよね。

思い出したくもない過去が残っただけ

 

そして

総じてこれが教育の一環として展開されているという

現実。

国会の討論で総理がたたかれているが

どの年齢も民度が低いと言われがち。

教養がある人ほどいいのかと最近まで思っていたけど

割とそうでもなかったと最近になって気づく。

「おしゃれ」には二面性があると思う

「おしゃれですね~」って

社交辞令だと思っている

しけた私なんですが

「おしゃれ」って結構万能な言葉だと思うんです

 

本当におしゃれな人

とくに私自身がぐっとくるファッションをしていらっしゃる人には

その言葉がぴったりだしもっと良い言葉が思いつくと思います

 

一方、ぐっとはこない。

大して人としてほめるポイントを発見することができなかった

ただファッションが普通とは違う

という人には

「おしゃれだね」

と言えば無難にやり過ごせる

≒「独特」「驚き」「理解に苦しむ」「ただ気を使ってそうだから」

っていう意味を含ませた

「おしゃれ」

を私は日常生活の褒め言葉として使います。

 

「おしゃれ」って何とも奥が深いといいますか

答えがないといいますか

難しいものなのですが

人として尊敬するポイントがすくない人ほど

独特のこだわりが格好に表れていて

「おしゃれ」と言ってほしそうなので

とりあえず言う。

 

 

こう考えても本当に万能ですよね

言って欲しい感満載だし。

ただそんな褒め言葉しか見つからない人とは

わたしは長い付き合いになった覚えがない。

高温多湿って結構な殺し文句

東京。すっごい雨だったみたいですね。

雹が降ったりして散々だったという話を聞いて

何もなく終わった千葉住みの私ははた迷惑な罪悪感を抱いていました。

 

今日は内定先から懇親会の案内が届き

これに参加するか参加しまいかと

テキトーなことに思考を巡らせたり

つまらんバイトをしてお客さんと接客という名の

立ち話をして過ごしておりました。

 

今日ふと思い立ったので

店長に

「来月末でバイトをやめます」

というと

「そうか。」とあっさり。笑

 

全然仲良くなかったにしてももうちょいなんかあるやろ

と思ってしまった私の負けです。

完全に想像の斜め上を通過していきました。

よっぽど私のことを毛嫌っているのでしょう。

ここまで大人に好かれないようにしながら

2年間働き続ける私も大したものです笑

 

これからはというものの、

お金を稼がないと生きていけないのは明らかなので

どうにか稼ぐ手段を見つけないといけません・・・

 

もともと田舎育ちの

ボールとか夢とか(かっこつけました)

追っかけていた私が

お金をかき集めれるわけがなく

そんなセンスを持ち合わせているはずもないので

どうにか生きていくために

どうにかしていこうと思います。

 

 

気が付くと

学生最後の夏が今この時を

ポーンと過ぎ去っていってるので

どうにか食い止めようと

慌てて思いで作りの予定を立てています

やたら泳ぎに行くのですが

 

一緒に行く人が最高ならば

必然と最高でしょうと

 

淡い恋をしてみたいものなのですが

遊びをするつもりはさらさらないので

今まで通り

一人を満喫する夏になればいいな~

 

恋に関しては

ブロガーさんの記事でも読んで

勉強をしてみようかなと思ってみたり

思わなかったり。

 

基本めんどくさがりの

テキトー屋の私からすれば

気が向いたらでいいや。

 

 

たぶん焦りとかないから

本当にほしいわけではないんだな。

 

 

 

何言ってんのやろ今日。